食事、姿勢、ストレス

前回に姿勢、食事、ストレスの3つを改善するのが大事ということについてお伝えしました。

 

 

今日は、その3つをもう少し深掘りしてみますね。

 

 

 

まずは、その3つが改善されるとどうなるかということですが、

「自然治癒力」こちらが最大限発揮されます。

 

 

人間は、自然治癒力が働けば、多くのの症状は改善に向かうと言われております。

 

 

ただ「姿勢、食事、ストレス」のバランスが崩れれば逆に、自然治癒力が働かず、不調が改善出来ないということになってしまいます……。

 

 

 

では、具体的に1つ1つの問題点と改善策を書いていきますね。

 

 

 

【1】姿勢

 

 

まずは、「姿勢」です。

 

 

姿勢が悪くなると、どういうことが起こるかというと細胞に栄養を運ぶ、血流の流れを阻害するということが起こります。

 

 

イメージとしては、血液という栄養を載せたトラックが走っている血管という道路が、身体が歪んでいる為に道がガタガタという感じです。

 

 

これは、運びづらいですね。

 

 

ということで、良くする必要がありますよね。

 

 

 

【2】食事

 

 

食事の乱れは、必要な栄養のバランスを崩してしまいます。

 

 

特に、最近言われているのは、カロリー過多の食事に対して必要な栄養素が不足するという現象です。

 

 

 

【3】ストレス

 

 

ストレスの一番の問題は活性酸素の増加とも言われております。

 

 

最近では、マスメディアでもも聞くようになってきました。

 

 

 

ストレス自体は、身体には多少は必要ですし、全くゼロにするのもよくありませんし、なくすこともある意味非常にしづらい方も多いと思います。

 

 

しかし、問題なのは、「限度を超えてしまうこと」です。

 

 

逆に言うと、コントロールが大事になります。

 

 

 
今後も大原接骨院では、皆様のお役に立つ情報を発信していきます。
 

 

 

新型コロナウイルス日常生活で気をつけること

 

 

・十分な睡眠・休養とバランスの良い食事を取って、体力とウイルスへの抵抗力をつけましょう。

 

・外出先からの帰宅時や調理の前後、食事前などに、こまめに石けんで手を洗いましょう。アルコール消毒液・次亜塩素酸水なども有効です。

 

・咳やくしゃみをするときは、ティッシュなどで口と鼻を押さえ、周囲の人から顔をそらしましょう。

 

・使ったティッシュはすぐにゴミ箱にすてましょう。

 

・咳やくしゃみを手で押さえると、その手で触ったものにウイルスが付着し、ドアノブなどを介して他の方に病気をうつす可能性がありますので、咳エチケットを行ってください。

 

・持病のある方、高齢の方は、できるだけ人混みを避けるなど、より一層注意してください。

 

 
ウイルスの侵入窓口となる粘膜の乾燥を防ぎ、のどに付着したウイルスを洗い流すために、こまめな水分補給も大切です。

 

ウイルスが粘膜に付着し細胞内に入るまで約20分とされており、20分おきに水分補給するのが良いとされています。(胃に入ったウイルスは胃酸によって消化されます)
 

 

 

大原接骨院では、次亜塩素酸水をお分けしております。

 

 

 

 

ご来院の際には容器持参でお気軽にお声掛けください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本日も最後までお読みくださりありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

大原接骨院【交通事故、むち打ち専門治療・骨盤矯正・スポーツ整体】

 

 

住所   〒242-0001 神奈川県大和市南林間1-10-19

 

アクセス 小田急江ノ島線 南林間駅 西口から徒歩1~2分

 

TEL 046-273-3307

 

migi

 

 

アクセス

 

南林間駅~大原接骨院までの道のり

 

 

access_map

 

 

診療時間

 

 

月)09:00 – 12:00  15:00 – 19:30  

 

火)09:00 – 12:00  15:00 – 19:30  

 

水)09:00 – 12:00  15:00 – 19:30  

 

木)09:00 – 12:00  15:00 – 19:30  

 

金)09:00 – 12:00  15:00 – 19:30 

 

土)09:00 – 12:00  15:00 – 18:00 

 

日)09:00 – 12:00

 

祝)09:00 – 12:00   15:00 – 18:00

 

 

定休日   なし

SNSでもご購読できます。

テニスプレーヤーの松岡修造選手からサインをいただきました

テニスプレーヤーの
松岡修造選手から
サインをいただきました