坐骨神経痛

 

坐骨神経痛とは?

整形外科でレントゲン、MRIを撮って「坐骨神経痛」と言われる方もいらっしゃいますが、たいていの場合、それは原因が分からなかったときに使う言葉です。言い換えるならば、貴方は「足に痺れがあります」と言われているようなものです。

坐骨神経痛=足の痺れ

一番大事な事は、坐骨神経痛を引き起こしている原因なのです。
それを解決しない限り、根本的な改善にはならないでしょう。

そして、痺れが出る範囲によっても

  • 腰椎の何番目の間の椎間板が神経痛を圧迫しているのか?(腰椎椎間板ヘルニア)
  • 腰椎の何番目の骨がすべって、神経を圧迫しているのか?(腰椎すべり症)
  • 腰椎の何番目の脊柱管が狭くなって神経を圧迫しているのか?(脊柱管狭窄症)
  • お尻の筋肉(梨状筋)が神経痛を圧迫しているのか?(梨状筋症候群)
  • レントゲンやMRIでは分からない、股関節や骨盤のズレ?歪みで
    神経を圧迫しているのか?

坐骨神経痛の原因とされる腰の4つの病気について

坐骨神経痛の原因とされる、腰の4つの病気は、
腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症、腰部すべり症、梨状筋症候群です。

この4つの病気以外でも、骨盤、背骨、股関節の歪み、筋肉の緊張などで坐骨神経痛がでる場合もあります。

なぜ坐骨神経痛は、ほっておくと治りが遅くなるのか?

一般的に、腰が痛くなると、2~3日様子を見ると自然に治ることがありますが、坐骨神経痛のような腰から下の部分に痛みや痺れが伴う症状は、数日様子を見ても治るケースはかなり少ないです。

そして、坐骨神経痛の症状が出ている期間が長ければ長いほど、症状は悪化し、治療をしても改善に時間がかかるケースが多くなります。

このことは、長い期間、神経が圧迫されることにより、神経自体がダメージを受けて損傷してしまうことが原因と考えられます。ですから、坐骨神経痛になった場合は早めの治療が必要になります。

また 「湿布を貼ってました」や「痛み止めを飲んでました」も ほったらかしていたと大差はありません。
それは治療していたわけではなく、痛みを脳で感じなくさせていたに過ぎないからです。

脚に痛み、痺れを感じたら出来るだけ早くに来院して下さい。

治療の流れ

受付
受付
初診時は保険証をお持ちなり、受付にて問診票と当院の説明の入った資料をお渡しいたします。閲覧いただきましたら必要な箇所にご記入いただいてお待ちください。記入しきれなくても問診時にご相談いただいても結構です。
問診
問診
お名前をお呼びしましてから、問診をはじめます。先生が問診表をもとに自覚症状や発症状況、痛みやだるさをおうかがいします。気になる事があれば、何でもお話してください。色々な整形学的検査と確かな経験のもとに原因を探ります。
診察・治療説明
診察・治療説明
痛みやだるさのある箇所を詳しく診察いたします。痛みがでる体勢や関節の可動域などを確認し、患部の状態や原因を確認いたします。原因は千差万別ですので診察中でもお気軽にお伝えいただくことにより、根本的な治療が可能となります。
治療
治療
症状と治療の説明をご理解いただいた上で施術をおこないます。痛みの多くは筋肉のバランスが崩れることや背骨や骨盤などが歪むことにより発生します。力を抜いてリラックスしていただき、筋肉の緊張をほぐしていきます。患者様にあった必要な治療をおこないますのでご安心ください。
術後の確認・説明
術後の確認・説明
施術後の痛みや動きを確認し、日常生活で気を付けて頂きたいことや筋トレの方法やストレッチのやり方などを説明し、次回の治療の説明をします。