交通事故

大原接骨院では自賠責保険による交通事故の治療を受けることが出来ます。

むち打ちとは?

むち打ち症とは、交通事故によって首や背中に大きな力が加わることでおこる「首の痛みや肩の痛み」のことです。衝突のときに首がむちのようにしなる動きをすることによって引き起こされることからむち打ちと呼ばれています。

むち打ち症とは正式な名前ではなく、正式には「外傷性頚部症候群」や「頚部捻挫」等といいます。
事故にあった直後はあまり症状がないと感じていても、後から痛みや症状が出てくる事が多くあります。

むち打ちの症状

「むち打ち症」の症状には個人差があり、事故状況や、被害者の体質・年齢などによっても症状が違ってきます。 事故直後は、脳震盪の症状として短時間の意識障害を起こすことがあります。

また、重症の場合は、脊髄の周りの腫れや内出血により手足が麻痺したり失禁したりすることもあります。

頚部の損傷の部位や程度によって異なりますが、一般的に以下のような症状が出てきます。

  • 首、肩、頭部の痛み。
  • 首の痛みとその周辺(頭部、肩、腕、手など)の放散痛。
  • 吐き気、嘔吐。
  • 肩、腕、手などへのピリピリした神経痛。
  • 首の可動制限。
  • 症状が慢性化すると、首のこわばりも加わります。

※ 以下のような事が起こっている可能性があります。

・筋肉の損傷
・靭帯の損傷
・神経の圧迫、損傷・椎間板の損傷
・骨の損傷
・血管の損傷
・脊髄の損傷
・炎症

・・・など様々な事が起こってしまいます。

早めに適切な診断、検査のもとに治療を開始しないと痛みが回復しないばかりか、症状をより複雑化させかねませんので注意が必要です。

また、医療機関でも漫然と投薬や牽引治療のみで経過観察をしている場合で症状に変化が出ていない時は、他の接骨院、病院で診察(セカンドオピニオン)を受ける事をお勧めします。

もちろん大原接骨院もセカンドオピニオンで受診可能です。症状や治療に疑問をお持ちの方はお気軽にご相談下さい。

整形外科での治療だけでは治らないリスクと、接骨院を利用した方が症状の緩和に有効である理由とは?

よくあるむち打ち(頚部捻挫)の後遺症

  • 雨の日や寒い日に首が疼く。
  • 上を向くと首に痛みが残っているまたは可動域が狭くなってしまった。
  • 後になって痛みや違和感が出てきた。
  • 以前より腰や肩が凝りやすくなった。
  • 以前より疲れ易くなった。

このようなむちうち(頚部捻挫)の後遺症は、大原接骨院で早期に適切な治療・リハビリを受けることで防ぐことが十分可能です。交通事故でむち打ちになった場合、初めに、整形外科、病院に行かれると思います。

病院ではレントゲン、MRI、CTといった画像検査で、むち打ちや痛みの原因をつきとめようとします。

しかし『むち打ち症状』は 画像検査では映りません。

医学的には問題はない。

症状が出る原因が見つからなければ、整形外科では根本的な治療ができません。
鎮痛薬、消炎薬など、症状の一つ一つについての対症療法になってしまいます。

『むち打ち』 その後の過程・リハビリが、早期に回復するかどうかのの問題となってきます!

治療する場所は自分で選ぶことが出来ます

むち打ち治療といえば、救急車で運ばれた時に精密検査を受けた病院にそのまま通院しなくてはいけないと思われています。

しかし、レントゲンを撮って「異常ありません」で終わってしまい、治療も満足に受けられない、痛み止めや湿布を渡されるだけというケースもよくあるようです。

そもそも交通事故によるむち打ち症(外傷性頚部症候群や頚部捻挫)は、レントゲンに写らない組織の損傷の事で、レントゲンやMRIで見えるように骨や筋肉の損傷を伴う事は殆どありません。

「でもお医者さんが異常はないって言ってるし・・・」

「病院を変えるなんて出来るの?」

と思われるでしょうが、むち打ち症は早期の治療が重要です。

症状に合わせた適切な治療を行わない場合、後遺症に悩まされる事もありますので、早期の治療が最も重要になります。

むち打ち症状で悩んだときはまずご相談ください。
治療内容、自賠責保険の内容、保険会社への連絡方法など分かりやすくご説明いたします。

また、交通事故の場合は、自賠責保険適応になり、治療費の窓口での自己負担は無料となりますのでご安心ください。

大原接骨院はむち打ちの専門知識をもつ治療院です。

私ども接骨院は国家資格である柔道整復師の資格を持った、むち打ち症(外傷性頚部症候群や頚部捻挫)の専門家です。

「むち打ち症」といっても人によって起こる症状はさまざまです。
症状に合わせた施術により後遺症を残さないように治療します。

  • 早期に患部周辺部に治療アプローチが可能。
  • 多様な治療内容(手技施術療法、電気治療、矯正施術、マッサージ等)。
  • 待ち時間が短く、時間を掛けた丁寧な施術。
  • 通院間隔を空けずに痛みを取り除く十分な治療が可能 。
  • 平日夜22時まで診療しています。
  • 土・日・祝日も通院できます。

『むち打ち』を大原接骨院で治療する場合、速やかな症状の緩和に有効な3つの理由

1、的確な患部の安静
必要な時に必要な安静です。

2、早期に適切な治療開始
治療開始が遅くなると、周囲の筋肉が固まってしまいます。

3、適度な通院
治療間隔を空け過ぎず、必要な治療ができます。

大原接骨院がむち打ち治療に最善な理由

大原接骨院の施術者が問診で患者様の症状を把握し、その上でむち打ちの治療・リハビリ内容(理学療法、運動療法など)の選択、後療法(手技療法、矯正、マッサージなど)の開始時期、治療を決めていきます。

接骨院は 「何でもマッサージ、何でも矯正」と思われますが、安静が必要な時は手を加えません。
患者様の 生活の質を落とさない事を第一の目的に、いま現在の症状に対してだけではなく、その後の経過も視野に入れながら治療方法を決定していきます。

手技によるマンツーマンは、患者様との会話の中で症状を聞きながらできる素晴らしい治療です。大原接骨院でのむちうち治療は、患部の状況と患者様の症状を聞き、それを基に判断する一人一人に対してのオーダーメード治療といえるでしょう。

これまでは、むち打ち症の発症の原因は、首の生理的な可動域を超えて後屈させられた時に起こると考えられていましたが、低速度や停車中で追突されてもむち打ち症を発症しますので。

むち打ちの種類と症状

一人で苦しまずに大原接骨院にご相談ください。

むち打ち治療の専門家があなたの症状に合わせた治療を行います。

「むち打ち症」といっても、患者様によってケガの程度や症状は異なります。
鬱や全身の倦怠感など人には伝わりにくい症状が起こる事もあります。

◆頚椎捻挫症
追突などの衝撃を受けた際に、頚部を支える筋肉や靭帯引き伸ばされたり、傷ついて軟部組織の損傷が起こっている状態(捻挫)です。むちうち症と診断されるものの、7割から8割程度がこの頚椎捻挫症と考えられています。

【症状】首を動かした時の痛み・首が動きにくい運動制限・首や背中のこり・頭痛・めまい等

◆根症状型
追突などの衝撃を受けた際に脊髄から出ている頚部の神経が引き伸ばされたり、頚椎にズレが生じる事で圧迫を受ける事により起こります。

【症状】圧迫された神経がつかさどる手足の痺れや痛み、だるさ、筋力の低下などその他 顔面痛、後頭部の痛み。

◆バレ・リユウー症状型
追突などの衝撃を受けた際に、血行をつかさどる交感神経が損傷したり、椎間板や筋肉による圧迫を受けることによって、頚椎に沿って走っている椎骨動脈の血流が低下している状態です。

【症状】後頭部や首の後ろの痛み、めまい・難聴、耳鳴り・吐き気・目のかすみ、眠精疲労・全身の倦怠感・集中力の低下など

◆脊髄症状型
頚椎の脊柱管を通る脊髄が傷ついたり、圧迫を受けた場合にみられます。下肢に伸びている神経が傷ついて起こります。

【症状】下肢の痺れや知覚異常、歩行障害などまた、膀胱直腸障害が生じて、尿や便が出にくくなるケースもあります。

◆低髄液減少型
むち打ち症の中でももっとも自覚症状が分かりにくい病気です。
追突などの衝撃を受けた際に、脊髄液に強い圧力がかかり膜が裂けて漏れる状態です。以前は交通事故では起きないと考えられていた為、心因性とされたり、ひどい場合は「保険金目当て」とされたそうです。

【症状】頭や首、手足などの痛み、聴力や視力、味覚の障害などの脳神経症状、血圧障害や胃腸障害などの自律神経症状、記憶力低下や不眠、鬱などの大脳機能障害、倦怠感など様々。

治療の流れ

受付
受付
初診時は保険証をお持ちなり、受付にて問診票と当院の説明の入った資料をお渡しいたします。閲覧いただきましたら必要な箇所にご記入いただいてお待ちください。記入しきれなくても問診時にご相談いただいても結構です。
問診
問診
お名前をお呼びしましてから、問診をはじめます。先生が問診表をもとに自覚症状や発症状況、痛みやだるさをおうかがいします。気になる事があれば、何でもお話してください。色々な整形学的検査と確かな経験のもとに原因を探ります。
診察・治療説明
診察・治療説明
痛みやだるさのある箇所を詳しく診察いたします。痛みがでる体勢や関節の可動域などを確認し、患部の状態や原因を確認いたします。原因は千差万別ですので診察中でもお気軽にお伝えいただくことにより、根本的な治療が可能となります。
治療
治療
症状と治療の説明をご理解いただいた上で施術をおこないます。痛みの多くは筋肉のバランスが崩れることや背骨や骨盤などが歪むことにより発生します。力を抜いてリラックスしていただき、筋肉の緊張をほぐしていきます。患者様にあった必要な治療をおこないますのでご安心ください。
術後の確認・説明
術後の確認・説明
施術後の痛みや動きを確認し、日常生活で気を付けて頂きたいことや筋トレの方法やストレッチのやり方などを説明し、次回の治療の説明をします。