オスグッド

 

オスグッド・シュレッター症とは?

特徴としては小学校高学年くらいから、高校生くらいまでに多く発症する膝の関節痛です。

膝のお皿の少し下の骨の部分が、ぽっこり膨らんで、押すと痛かったり、走ったり、ジャンプしたり、屈伸すると痛むのが特徴といえます。

どんな人におこるのでしょうか?

基本的には10歳から14歳くらいの成長期によく発症する為、成長痛と 言われることもありますが、現在、整形外科的には直接の因果関係はないと 考えられています。

特に、サッカーやバスケット、テニス、バレーなどジャンプしたり、走ったりという脚を酷使するスポーツをしてる子供達に多くみられます。

基本的な原因は運動による疲労の蓄積によるものです。
(全く運動をしていない子供にも発症する事もあります)

基本的に使い過ぎによる痛みといってもいいと考えています。
特に身体の硬い子供さんになることが多いようです。

何が原因で痛みがおこるのでしょうか?

成長期の骨の柔らかい時期に、激しい運動をすることで膝の付近の筋肉の 付着部分が引っ張られ、膝下の骨が隆起したり、剥がれてしまったりすること によって炎症がおこります。

これに対して、身体の回復力が追いつかないと長期的に痛むことになります。

症状には個人差があって、歩くことが困難なくらいの痛みを訴える人もいれば、激しくジャンプした時や、運動後だけ痛む人もいます。

安静にしていると痛みはありませんが、膨らんでいる部分を押した時に痛み(=圧痛)があり、運動時、特に膝を曲げたり痛む方の膝に体重を かけると骨の膨らんでいる部分が痛みます。

基本的にオスグッド病は男子になりやすく、女子は比較的少ないと言われています。
小学生の女子がオスグッド病になった場合は、多少回復に時間がかかる傾向があります。

患者さんは、膝だけ悪いのではなく、身体の偏った使い方や過度の運動によって、全身の筋肉が偏った緊張の仕方をしています。

オスグッド病の原因の90%は、身体の他の連動する部分にあるといっても過言ではありません。

そのため、整体といっても全身をしっかりと診て、何が痛みを引き起こしている根本的な原因なのかをしっかりと見つけることが早期の回復に繋がります。

治療の流れ

受付
受付
初診時は保険証をお持ちなり、受付にて問診票と当院の説明の入った資料をお渡しいたします。閲覧いただきましたら必要な箇所にご記入いただいてお待ちください。記入しきれなくても問診時にご相談いただいても結構です。
問診
問診
お名前をお呼びしましてから、問診をはじめます。先生が問診表をもとに自覚症状や発症状況、痛みやだるさをおうかがいします。気になる事があれば、何でもお話してください。色々な整形学的検査と確かな経験のもとに原因を探ります。
診察・治療説明
診察・治療説明
痛みやだるさのある箇所を詳しく診察いたします。痛みがでる体勢や関節の可動域などを確認し、患部の状態や原因を確認いたします。原因は千差万別ですので診察中でもお気軽にお伝えいただくことにより、根本的な治療が可能となります。
治療
治療
症状と治療の説明をご理解いただいた上で施術をおこないます。痛みの多くは筋肉のバランスが崩れることや背骨や骨盤などが歪むことにより発生します。力を抜いてリラックスしていただき、筋肉の緊張をほぐしていきます。患者様にあった必要な治療をおこないますのでご安心ください。
術後の確認・説明
術後の確認・説明
施術後の痛みや動きを確認し、日常生活で気を付けて頂きたいことや筋トレの方法やストレッチのやり方などを説明し、次回の治療の説明をします。