交通事故治療

交通事故による「むち打ち・腰痛」後遺症が数年後に再発するケースも・・・。あなただけの治療プログラムで後遺症が残らないように本気で取り組んでいます!

大原接骨院の交通事故治療はこんな方に合っています

  • つらい症状を早くラクにしたい
  • 現在、治療しているが、なかなか良くならない
  • 交通事故にあったがどこで治療したら良いかわからない
  • 早く治して趣味や仕事に全力投球したい
  • むち打ち、腰痛を残したくない
  • むち打ち、交通事故専門院(自賠責取り扱い)で
    治療を受けたい

交通事故によるむち打ち治療実績改善率97%以上!!

完治率・満足度・口コミ率 地域ナンバーワン!!

問診

地域提携病院からのリハビリ依頼が多く病院からも信頼されています。 交通事故は普通に治療しても治らないことがありますのでむち打ち、腰痛、交通事故専門院にお任せ下さい。

患者様にあった治療プログラムを作成。 わずらわしい手続きから治療まですべて大原接骨院にお任せ下さい。

交通事故での後遺症はすぐに症状が出ないことも多くあります

問診

実際に交通事故が原因で数ヶ月・数年後に症状が出てきたとしても、交通事故が直接の原因と証明することが難しく、あとから慰謝料や治療費を請求しても認められないことがほとんどです。

私どもはそういった、いわゆる「泣き寝入り」してしまう方をたくさん見てきました。そんな方を見ているうち、当院では交通事故によるむち打ち症・腰痛に対して後遺症をなるべく残さないような治療技術を自然と研究・研磨していくことになりました。

そういったこともあり、現在では横浜市や大和市、座間市で事故による症状は「大原接骨院」に行けばいいと地元の方に言って頂けるような接骨院になることができました。

当院のスタッフは事故治療を深く学び、多くの事例を解決してきたものばかりで患者さんの生活に合わせた無理のない治療法の提案を心がけております。早期に適切な治療が大事になりますので、頭が重い、気分が悪いなど、思い当たる症状がある場合はぜひお早目にご来院ください。

大原接骨院が事故治療で選ばれている3つの理由

1. 交通事故治療のスペシャリストがいるので安心!

当院ではむち打ち、腰痛、交通事故専門治療を行っていますので治療実績が非常に優れている。

2. 交通事故窓口が設置されているので対応が早い!

全ての保険会社に対応してます。交通事故に精通したスタッフがサポート、煩わしい保険会社さんとの交渉もお任せ下さい。あまり知られてない交通事故の慰謝料や示談金についてのアドバイスも受けられます。事故直後から完治、示談の相談まで完全サポートします。

3. 自賠責保険対応 治療費0円

当院の交通事故の治療では、自賠責保険に対応しております。 その為、患者様から窓口でお支払いいただく治療費は、無料です。 また、通院日数により慰謝料も保険会社より受け取れますので安心です。

大原接骨院を利用するとどうなる?

  • 無料相談、無料体験治療が受けられる。
  • 保険会社との交渉について 詳しいアドバイスが受けられる。
  • レントゲン、MRIなどに写らない身体の状態を詳しく説明してもらえる。
  • 手技による治る為の専門治療が受けられる。
  • 日常生活への早期復帰が可能になる。
  • むち打ち、腰痛などのつらい症状が早くラクになる。
  • 後遺症の不安が解消される。
  • 通院日数により慰謝料も保険会社より受け取れますので安心です
  • 症状が治るまで、いえ、示談するまでしっかりサポートが受けられる。

患者様の声

一生治らないのではないかと不安で不安で…

野上美保子(仮名)27歳 女性 主婦
信号で止まっていたら後ろから自動車に追突されました。
整形外科でレントゲンを撮ったところ、「頚椎捻挫・腰椎捻挫」と診断されて、飲み薬が数種類とシップ薬を出され、また電気治療と牽引治療に毎日のように通いました。
しかし頭痛や吐き気や首から肩、腰までの痛みなどなかなか症状が改善されず、このまま一生痛みがとれず付き合っていかないといけないのかも…?
また一生痛み止めの薬を飲み続けなくてはならないのかと、とても不安で不安でいっぱいでした。
そんな時に知人より「大原に行くといいよ、一度騙されたと思っていってごらん」と言われ、わらをもすがる気持ちで大原接骨院に来ました。

初めに、身体をしっかり検査してくれて治療方針の話があり、ついで接骨院でも病院と同じように事故の保険が使えて治療費を自分で払わなくてよいことと慰謝料も同じように受け取れると聞いて不安が少しだけ減り、とりあえず通院してみようかなと思いました。

「事故のあと少し日にちがたっているのではじめは治り方が遅いですが、必ず治しますからあきらめないで通ってください。」という本当か嘘か分からない院長の言葉を信じるしかありませんでした。

しかし、治療を始めてしばらくたったころから、徐々に痛みや症状が軽くなっていくのが自分でも分かるようになり、希望の光が見え出しました。

それから数ヶ月、頑張って通ったかいがあって吐き気や痛みが全くでなくなり事故に遭う前より体調がよくなったのではと思えるほど快調です。本当にありがとうございました。


身体の治療だけでなく慰謝料や示談金のアドバイスまで…

田中信弥(仮名) 33歳 男性 会社員
バイクで車線の左側を走行中、交差点で左側から急に飛び出してきたトラックに追突しました。
そのまま救急車で運ばれ、その日にCTやMRIなどの検査の結果、頭や骨には問題ないといわれて家に帰って寝ました。
その日は胸やすねの打った痛みだけで、それ以外の痛みは感じず「打ち所がよかったんだなぁー」と思っていたところ翌日くらいから身体中が痛くなりだし、日々痛みが増してきているのではなかろうかと思えるほど痛みが強くなりだしどこか近くの病院に行かなきゃとインターネットで検索。検索していたときに大原接骨院を見つけ、よくその前を通っていて人がいっぱい入っていることを思い出し、人がいっぱい行っているということはきっと良いところなんだろうと思い、保険会社にそこへ通うことを伝え行くことにしました。

初めに時間をかけて身体を診ていただき治療してもらいました。また保険についても面倒な手続きはすべてやってくれて、治療が終了しても示談するまで責任をもって対応・アドバイスを頂けるという話ももらいました。一回目の治療から効果を感じられ、治療をする度に身体の痛みが溶けていくようになくなってきていることが分かり、仕事中や日常生活で痛くてしょうがなかった身体が嘘のように楽になりました。

治療終了後1ヶ月後くらいに保険会社より示談書が届いたので、院長の予約をとり大原接骨院に行き院長に示談書をみてもらい、いろいろアドバイスをもらいました。

そのまま保険会社の言うとおりのものにサインをしていたら損をするところでした。身体を治してもらえただけでなく保険のアドバイスももらえて、ホームページに書かれていたことはウソではなかったんだなぁーと思いました(笑)。友人が事故をしたときは、大原接骨院を紹介したいし、事故にはもう遭いたくありませんが また何かあったときは宜しくお願いします。

大原接骨院のむち打ち・交通事故治療

交通事故治療

交通事故で多く見られるケースで、むち打ち・腰痛など目に見えない症状が出ることがあります。

レントゲンやMRI・CTといった画像に映らない症状でも、接骨院では問診・触診・徒手検査を行い、手技を中心とした一人ひとりに合った治療を行ないます。

特に「大原接骨院」では、交通事故特有の症状である、むち打ち・腰痛・頭痛などの症状に対して研究を重ね、身体の負担が少なく、早期に症状を改善させる独自の治療を行なっています。

どこの接骨院・整形外科でも同じではありません。

交通事故治療

どんな治療を受けるかで、その後の人生が変わってしまいます。

特に交通事故では、事故の後遺症に悩まされて、苦しい生活を送っておられる患者様もたくさんいらっしゃいます。

当院ではそうした患者様を一人でも多く、少しでも早く元の健康な生活に戻れるように全力でサポートしていきます。

後悔しないために交通事故の専門治療で、しっかり治してくれる治療院を選びましょう!

大原接骨院のむち打ち・交通事故治療

  • ノーリスク・ハイリターンな治療。
  • 痛みを取るだけでなく根本的に治す独自治療。
  • 一日でも早く、元の健康な生活が送れるようにサポートする

交通事故治療

まず、無理な手技によって症状を悪化させない。

一人ひとりにあった症状に合う治療を選択して、段階に合った治療で最高の結果を出す。

痛みを根本から改善するということを常に意識して治療を行なっております。

交通事故の治療手順

1. 最寄の警察に交通事故の届出

事故に遭ったら、まず必ず警察に電話しましょう。
大した事故じゃないと自己判断して警察への届出を忘れると、後で痛みが出たときに「交通事故証明書」が発行されません。

2. 保険会社に当院での治療を希望することを伝える

電話で保険会社の担当者に当院での治療を希望することを伝えてください。
保険会社より当院に交通事故の治療依頼の連絡が入り、治療開始となります。
もし保険会社より接骨院ではなく病院に行くように指示された場合は、当院にご連絡下さい。

3. しっかりとしたインフォームド・コンセント

事故の状況や問診、さまざまな徒手検査を行なうことにより、身体の状態を把握します。
今の症状に対してどのような治療を行なうかを説明し、納得いただいてから治療に入ります。
警察署などに出す診断書が必要な場合は申し出て下さい。

4. 治療開始

大原接骨院独自の治療で、患者様一人ひとりの症状に合った治療を行い、早期治癒を目指します。また大原接骨院では交通事故特有の症状である むち打ち・腰痛・頭痛治療の最終的なゴールは交通事故に遭う前より健康な身体です。

5. 改善・治癒したら治療が終了

痛みや症状が改善したのを確認し、治療を終了とします。
今後の生活習慣での注意事項や、自宅でも簡単に出来るストレッチ法などもお伝えします。

他の整骨院や整形外科からの転院を考えている方へ

交通事故治療

交通事故での怪我・むち打ち・腰痛などを治療する期間は原則的に患者さんに決定権があります。

万が一、今通われている病院や他の整骨院・接骨院・鍼灸院などで改善の兆しが見えない、または治療方針に不安があるなら一度お問い合わせください。

当院には毎月たくさんの交通事故の被害を受けてしまった方が来院されます。他の治療院からの転院された方もいらっしゃいます。多くの方は転院後、症状が改善し、大変喜んで頂いております。

転院後の手続きや保険会社との対応は当院で代行しますので、患者さんの手間はほとんどありません。もちろん転院後の治療も、費用は掛かりません。むち打ちや交通事故での腰痛の治療は、レントゲンに映らない原因の場合もあります。

卓越した手技と経験・治るための理論がしっかりしている治療院に転院されたほうが、早く確実に治ることが多いと思います。

大原接骨院では、患者様の痛みや悩みに寄り添い、一緒に元の健康な生活に戻れるようサポートして行きます。転院をお考えの方、是非ご相談下さい。

まずは無料お試し治療をご体感ください

交通事故治療

大原接骨院は交通事故治療を研究・改善してきました。

整形外科などで治療を受けているが良くなっている実感がない方は、まずご来院いただき、ご自身の症状・お身体と合うかまず試して確認してください。

示談前であれば料金などはかかりません。

大原接骨院では交通事故特有の症状である、むち打ち・腰痛・頭痛治療の最終的には交通事故に遭う前より健康な身体です。

※交通事故証明書持参の方、又は担当保険会社をお知らせください。以上提示のない方は、お断りする場合がございます。

よくあるご質問

Q.警察の方に病院に行って診断書をもらってくるように言われましたが…?

A.診断書などの証明書を発行でき、公式に使用できますのでご安心ください。

Q.保険会社から接骨院でなく整形外科に行くよう指示されましたが…?

A.その必要はありません。どこで治療を受けるかは患者様に決定権があります。

Q.他の治療院に通院中ですが転院の際の難しい手続きはありますか?

A.一切ありません。お気軽にご来院ください。

Q.病院に通うのと同じように慰謝料とかもでますか?

A.接骨院でも同じように1日来院で4200円の慰謝料を受け取ることができます。また、交通費・休業損害費として5700円が加算されます。

Q.治療時間はどれくらいですか?

A.痛めた箇所によっても異なりますが、手技による治療が10~30分、電気治療が15~30分になります。その他に自宅で出来るストレッチ法、日常生活で気をつけて頂きたい事なども指導します。お時間がない時は、治療時間を短くすることも可能なので、ご相談下さい。

 

交通事故に遭った時の必須知識

交通事故被害者が損をしないための7つのポイント

目 次

① 損害賠償を知る上でおさえておきたい3つの項目

② 被害者が知っておくべき損害賠償の目安となる3つの基準

③ 注意!絶対に忘れてはいけない損害賠償請求権の時効について

④ むち打ち症患者様が正当な賠償金を受け取るために知っておくべき賠償傾向

⑤ 被害者が心得ておくべき保険会社の交渉パターン

⑥ 示談交渉で失敗しないための示談を有利に成立させる3つのタイミング

⑦ 示談で困ったときの救世主とは

① 損害賠償を知る上でおさえておきたい3つの項目

損害賠償は実際の出費から将来の減収分まで、損害のほとんどが認められます。

正当な損害賠償額を算出するためには、事故によって生じた損害のうち、

「どの範囲まで請求できるかを」を知ることが重要です。

被害者が請求できる項目は、大き<次の3つに分けられます。

積極損害 (事故がなければ支払う必要がなかった費用)

治療費、交通費、事故によって実際にかかった費用や、将来の手術費用、後遺障害が出たために必要になった家屋改善費など、事故のために支払いを余儀なくされた費用

消極損害(事故がなければ被害者が得られたであろう利益)

事故によって仕事を休んだための減収分(休業損害)や、後遺症が残った場合の減収分(後遺症による逸失利益)、事故がなければ本来得られるはずだった利益

慰謝料(事故により受けたケガ、後遺症等、精神的苦痛に対する賠償)

以上の3項目を合計し、損害賠償の総額を算出します。

ただし、被害者にも過失があった場合には、

被害者が負担するべき割合(過失割合)を減額する必要があります。

② 被害者が知っておくべき損害賠償の目安となる3つの基準

保険会社や日弁連の基準で、だいたいの損害賠償額目安は決まっています。

交通事故の示談とは、事故で生じた損害賠償額を話し合いで決めることですので、

示談交渉をする前には、被害者も損害賠償額の目安を知っていなければなりません。

損害賠償額の主な目安としては、自賠責基準・任意保険の基準・日弁連の基準とがあります。

自賠責基準 (自賠責保険の支払い基準)

・人身事故の被害者を広く救うことが目的。

・ 交通事故の被害者に国が最低限の補償を提供。

任意保険の基準 (各損害保険会社の支払い基準)

・各保険会社が独自の基準で決めているが自賠責基準よりも低い額に。

・自賠責保険でカバーできない損害を補う

日弁連基準(日弁連交通事故相談センターの交通事故損害額算定基準)                                                                                                                               

・ 裁判で争われた場合に認められた、かつ、比較的高めに認められた基準

・ 加害者に請求する場合の請求額の目安であり、確定的な基準ではない。

③ 注意!絶対に忘れてはいけない損害賠償請求権の時効について

損害賠償請求権は事故後3年、

保険の請求権は2年で時効となります。

損害賠償請求権は、被害者(またはその法定代理人)が損害および加害者を知ったときから3年間、または事故発生後20年で、時効により消滅してしまいます。交通事故の時効期間は、事故から起算されることになります。

つまり、事故の日から3年以内に示談を成立させなければ、加害者に損害を請求することができなくなってしまうのです。

ただし、時効までの期限が迫っているからといって、納得できない内容で慌てて示談に応じる必要はありません。時効期間満了前に、裁判所に調停、訴訟の申し立てをすれば、時効を中断させることができるからです。

なお、自賠責保険などの保険金請求権は、それよりも

早い2年間で時効により消滅してしまいます。

④ むち打ち症患者様が正当な賠償金を受け取るために知っておくべき賠償傾向

むちうち症の患者様が正当な賠償金を受け取るには算出の基準と損害賠償の傾向を知ってお<必要があります。

傷害事故の場合、ケガをして病院に入院・通院した被害者は加害者に対して慰謝料を請求てきます。傷害事故の慰謝料の額は入院・通院の期間、ケガの状態などで基準化されています。

■ 自賠責基準の慰謝料

「実際に治療を受けた日」を2倍にした日数か、

「治療期間」の日数のいずれか少ないほうの日数分に対し、

1日につき4200円(定額)の慰謝料が認められます。

■ むちうち症の損害賠償傾向

むち打ち症による損害賠償の場合には、下記のような傾向があります。

むちうち症の症状がある場合は、その傾向を知っておくとよいでしょう。

1. 休業損害は、入院中は全額認められるが

通院期間中は半額程度しか認められないことが多い。

2. 入通院慰謝料は、通常のケガの3分の2程度しか認められない。

3. 治療が長期化した場合でも事故後12~15ヶ月までは後遺症の有無認定を受ける。

4. 慰謝料は、ほかの後遺症と同じく、該当する「等級」に応じた額が認められる。

5. 後遺症による逸失利益の計算では、労働力喪失期間を短く設定されることがある。

⑤ 被害者が心得ておくべき保険会社の交渉パターンについて

示談交渉は保険会社の「交渉パターン」を知ったうえで交渉する。

加害者が任意保険に加入している場合、加害者の代理人として、

損害保険会社の担当者が示談交渉を行うケースがほとんどです。

任意保険の賠償保険には、一般的に「示談交渉サービス」が付いてくるからです。

示談交渉の担当者は、年間に何十件という示談をこなしているプロですから、

被害者が有利に交渉を進めるのは非常に難しいかもしれません。

しかし、損害保険会社の示談交渉には、

次のようなパターンがあるので、

それを知っておくだけでも交渉を有利に展開できるでしょう。

■ 損害保険会社の交渉パターン

はじめの交渉では自賠責基準や、それに若干加算した損害賠償額を提示してくることがある。

示談における損害保険会社の損害賠償額は、

日弁連基準の7O~80%程度の場合もある。

客観的な資料に基づいて算定した、

正当な損害賠償額を提示すれば、

さらに日弁連基準に近い金額が認められることもある。

正当な示談金を受け取るためにも、

以上を考慮したうえで示談交渉に臨むとよいでしょう。

⑥ 示談交渉で失敗しないための示談を有利に成立させる3つのタイミング

示談を有利に成立させるには、

加害者側の提示額などの変化から、成立のタイミングを判断する。

軽微な物損事故を除き、1回の交渉で示談が成立するケースは稀です。

加害者は示談金を低くおさえたいと考え、

被害者は示談金を高くしたいと考えるのが普通だからです。

どんな交渉事にも物事を決定しやすいタイミング、いわゆる「決めどき」があります。

示談の決めどきの主なポイントとしては、次のような状況が考えられます。

■ 加害者が刑事罰のために示談したがっているとき

示談の成立が刑事裁判の結果を大きく左右するため、

加害者は早期の解決を望むことが多い。

こうした状況は有利な内容で示談を成立させるチャンスになる。

■ 双方の提示額の差額が2~3割までに近づいてきたとき 

(双方の中間をとって譲歩しあう)

■ 数回の交渉で加害者側の提示額を2~3回程度上げることができたとき

いずれの場合にも、示談金額が正当と思われる請求額の

80~90%になっていることが前提です。

⑦ 示談で困ったときの救世主とは

困ったときには 「交通事故紛争処理機関」の無料相談を利用する。

示談交渉が思うように進まないケースは少なくありません。

示談交渉が長期化している場合や、損害賠償額に不満がある場合などには、

迷わず専門の交通事故紛争処理機関に相談するようにしてください。

■交通事故紛争処理センター

弁護士による無料法律相談、和解あっ旋、紛争解決のための審査を実施。

被害者が同意した場合、センターの裁定には保険会社も従うことになる。

東京本部   03-3346-1756

■日弁達交通事故相談センター

専門の弁護士が相談、示談のあっ旋(一部の相談所のみ)、審査などを無料で実施。

約5分程度の電話相談も受け付けている。

横浜 弁護士会内  045-211-7700

【 相談する前の準備 】

限られた時間内で事故前後の状況を正確に把握してもらえるように、

事故関係の書類を事前に揃えておく。

大和市交通事故治療  お役立ち情報

大和市 交通事故治療 交通事故にあってしまったら

交通事故の過失割合ってなに?誰が決めてるの?

交通事故に遭った後の警察提出用 診断証明書について

交通事故 後遺症 手のしびれ等

交通事故治療 むち打ちとは?

交通事故豆知識 搭乗者傷害保険とは?①

交通事故豆知識 搭乗者傷害保険とは?②

厚木市 交通事故 加害者様の声

交通事故豆知識 人身傷害保険

交通事故豆知識「人身傷害保険」と「搭乗者傷害保険」の違いとは?

交通事故むち打ちとお天気。雨だと・・・

初めての方は予約したほうがスムーズにご案内できます。

シシマサくん