肩こり

肩こりとは?

項頸部から僧帽筋エリアの諸筋に生じる主観的に詰まったような、こわばった感じや不快感・こり感・重苦しさや痛みにいたる症候の総称です。

日本では「肩こり」という名称により「肩」を指す表現が用いられているが、これは日本独特のもので同症状を諸外国では首や背中の疾患として示している事が多数であります。
また頸肩腕症候群の初期症状である場合もあります。

■ 症 状

・僧帽筋エリア(特に肩上部)の局部の圧痛から始まります。僧帽筋は肩上部では厚みがあり、それも肩こりの大きな一因となっています。

・進行すると圧痛点やこりを感じる部位が拡大します。

・筋肉の持続的緊張により圧痛部位が拡大し、深層筋(肩甲挙筋・棘上筋・菱形筋・脊柱起立筋群・上後鋸筋)にまで凝りが拡大すると「芯が凝ったような凝り」として感じられ、筋肉がこわばり、重苦しさを感じるようになります。

主観的には頸部~肩上部に「ズシーンとした感じ」「何か物が乗っているかのような感じ」や肩甲骨と脊柱の間(=肩甲間部)や肩甲骨の内側の際に「鉄板が入ったような感じ」として感じられることが多いです。

・重苦しさを放置すると痛みを感じるようになり(「頸部まで痛い」「凝りすぎて背中が痛くて眠れない」)、進行すると緊張性頭痛や顔面・上肢の関連痛が生じるようになります。

肩こりを治す唯一の方法は治療を受けること

肩こりを確実に解消する治療を行う上で必要なことをお教えします。

肩こりの治し方が分からない、肩こりを治す方法を教えてほしいという方は大勢いらっしゃいますが、ひどい肩こりを治すためには「治療」が必要です!といっても、肩こり治療?とピンと来ない方、肩こりは治療できるという発想自体がない方が大半です。

肩こりは治療できます。

「肩こり」を治すことができる人が世の中に存在しなかった・・・
これは決して言い過ぎではございません。

仕事柄仕方ない、加齢による老化現象、肩もみや肩たたきが日本の家庭の一風景である、湿布やピップエレキバンが世の中に溢れている・・・

肩こり=仕方ない、これは「常識」です。

つまり、肩こりを解消したいとは思っても、治したい、と思われる方は少ないのです。
それも圧倒的に少ないのです。

そもそも治す、治すにはどうすればいいのか?ということが「発想」にないと思います。
肩もみ・肩たたき、は子供が親に行なう親孝行の定番です。
そして、湿布は家庭内の常備薬と同様なものとして扱われています。
サロンパスを正露丸やバファリン・ロキソニン・オロナインと同じように常備していませんか?

つまり、日本人なら当たり前なことの延長線上に、肩こりは誰もがなるもの、仕方のない症状であるという認識があるのでしょう。

医学的に「肩こり」という名称は、曖昧です。日本人ならではの文化の影響もあってか、
肩こりという症状は古来より軽視されてきていると言えます。

肩が凝ったら、生死に関わる?

答えはNoです。

たかが肩こり、という認識が多いと思いますが、されど肩こりです。
世の中には、心底肩こりで悩まれて、人生の岐路に立たざるを得ない方もおられます。

腰痛は、歩けない、起き上がれない、ということで日常生活に大きな支障をきたすため心配される症状ですが、肩こりとなると話は別で、肩こりくらいで・・・という世の中の一般的な認識がありますから、精神的ストレスは相当なものです。

肩こりっていう症状が分からないという恵まれた方も多くいらっしゃいます。
軽度の肩こりの方でも、ひどい肩こりの辛さは、ひょっとしたら想像できないかもしれません。

ひどい肩こりは、ギックリ腰のように日常生活に支障をきたす場合もありますし、何よりも精神的に多大な悪影響がございます。慢性的な頭痛や耳鳴り・不眠と同じです。

肩こりは治ります。
きちんと肩こり治療を受ければ、肩こりにならない身体になります。

「その場しのぎ」の肩こり解消法でしたら、誰でもご自身で簡単にできる方法からリラクゼーション店まで、いくらでもございます。肩の凝りをほぐす名人、ゴッドハンドと呼ばれている、もしくは自称されている方も数多くいらっしゃいます。しかし それは、ただの一時的な緩和でしかなく、治ったことを意味しません。

肩こりを治してしまう魔法のようなお手軽な方法は存在しません!

病院では「その場しのぎ」さえもしてくれないことが多く、痛み止め・注射で様子を見るのが定番です。

最近では、筋膜リリースを売りにしている病院もございますが、筋膜リリース自体は、鍼灸マッサージ治療院ならどこでも行っているありふれた治療の一つです。
整形外科界では画期的な最新治療のようにもてはやされているようですが、筋膜リリースはあくまで対症療法でしかございません。

対症療法・一時的に症状を緩和することは勿論必要なことです。
治療において、現在の辛い症状を緩和して、まずは楽になっていただくことは必須です。

しかし、治療のゴールは、肩が凝らないような身体を作ること。
これが肩こりの治すことを意味します。

肩が凝ると、その痛みだけでなく、イライラしたり、眠れなくなったり、食欲が沸かなくなる、倦怠感で何もする気が起きなくなる方は少なくないと思います。これらは肩こりが原因で自律神経に悪影響がでている為です。

例えば腰痛になってしまった時、できるだけ痛くならないように普段はしないような体勢をとります。これは首や肩でも同じです。痛みを庇おうとして、無理な姿勢を長期間続けてしまいますと、一定の部位に負荷がかかり続けることになります。

これは骨(主に頚椎・腰椎)を変形させ、神経を圧迫してしまうことがあり、痺れなどの症状を招く場合があります。

肩コリ・首コリと聞くと、どうしても気軽に感じてしまうと思います。
しかし、悪化すると日常生活を脅かす大変危険な症状の種でもあるということを、どうか覚えておいてください。そして、重症になる前に治療すれば早く治ります。

肩こりの原因は3つあります。

肩こりの原因はひとつではありません。
大きくわけて3つあります。

① 解剖学的な問題
筋肉バランス、骨格、姿勢、動きなど主に身体の構造面

② 神経生理学的な問題
自律神経、運動神経(脳と筋肉の命令系統)など主に身体の機能面

③ 心理学的な問題
ストレスやメンタルバランスなど主に精神面

この3つの要素が複雑に絡みあって首肩周囲の不快感が生じます。

人は二足歩行により重い頭が最上部にありますが、反してそれを支える首や肩は構造上とても不安定であり、もともとの造り自体が、首肩へ過剰負荷とってしまうようにできています。

“動物”と書くように人は動くのに適した構造をしています。
現代人は仕事や生活の中でも圧倒的に静止している時間が長いです。
つまり構造的に不利な条件が合わさっている事となります。

また、人間は痛みや不快感、心身のストレスが持続すると、自律神経のうち交感神経が優位に働き、筋肉を固くします。さらに血液循環を滞らせ、感覚を過敏にしてしまうことから肩こりを増悪させます。

辛いと感じていると無意識のうちに身体はうつむくので知らず知らずのうちに姿勢が悪化しますし、無意識のうちに歯を噛みしめてくいしばってしまい更に緊張が高まります。
不良姿勢が続くと関節可動域も制限され、本来の良い姿勢を取り戻せなくなります。

加えて慢性的な肩こりは自律神経の乱れから内臓の不調に繋がることが多く、それが更にストレスとなり悪化へと繋がります。

施術を受けてもすぐに元通りになるので、いつまでたっても解消されないことに対する苛立ち・・・それもまた悪化要因です。

このように肩こりがどんどん悪化していってしまう負のスパイラルへ、知らず知らずのうちにのってしまっていて どうにもこうにも抜け出すことができなくなってしまう状態となります。

治療の流れ

受付
受付
初診時は保険証をお持ちなり、受付にて問診票と当院の説明の入った資料をお渡しいたします。閲覧いただきましたら必要な箇所にご記入いただいてお待ちください。記入しきれなくても問診時にご相談いただいても結構です。
問診
問診
お名前をお呼びしましてから、問診をはじめます。先生が問診表をもとに自覚症状や発症状況、痛みやだるさをおうかがいします。気になる事があれば、何でもお話してください。色々な整形学的検査と確かな経験のもとに原因を探ります。
診察・治療説明
診察・治療説明
痛みやだるさのある箇所を詳しく診察いたします。痛みがでる体勢や関節の可動域などを確認し、患部の状態や原因を確認いたします。原因は千差万別ですので診察中でもお気軽にお伝えいただくことにより、根本的な治療が可能となります。
治療
治療
症状と治療の説明をご理解いただいた上で施術をおこないます。痛みの多くは筋肉のバランスが崩れることや背骨や骨盤などが歪むことにより発生します。力を抜いてリラックスしていただき、筋肉の緊張をほぐしていきます。患者様にあった必要な治療をおこないますのでご安心ください。
術後の確認・説明
術後の確認・説明
施術後の痛みや動きを確認し、日常生活で気を付けて頂きたいことや筋トレの方法やストレッチのやり方などを説明し、次回の治療の説明をします。