腰痛/ギックリ腰

 

腰痛がよくならない、痛みを繰り返している貴方へ

こんな症状でお困りではありませんか?

  • 立ち続けたり座り続けていると腰が痛い。
  • 朝 腰が痛くて伸びずらい。
  • 立ったり座ったりなどの動作で腰が痛い。
  • 重いものを持ったり中腰の作業で腰が痛い。
  • 運転した後に腰が痛くなる。
  • ギックリ腰を何度も繰り返している。
  • お尻や足に痛みや痺れがある。
  • 歩くと足が痺れたり痛くなって歩けなくなる。
  • 足の指に力が入らない・足がだるい・感覚が鈍いところがある。

悪化してしまうと、

  • 常に腰痛や脚に痛み・痺れがあり動くのが大変に。
  • 痛みや痺れが酷くて、仕事にも行かれない。

という深刻な状況に陥っている方もいらっしゃることでしょう。

大原接骨院では、全身を見渡して原因を捉えて、根本からの改善を目指した施術を行います。

一時的な痛み止めや部分的に血行を良くするだけの対症療法とは違います。
改善した後も腰痛になりにくい身体を目指した治療です。

「もう薬に頼りたくない!」「一時しのぎではなく根本から治したい!!」
という貴方のお力になれると思います。

腰痛の原因は?

腰痛の原因には内臓や精神的なものからくるものもありますが、大半は骨格や筋肉からの腰痛です。
しかし、レントゲンでも原因が判明しない腰痛も多く、特に原因がみあたらないが痛みはある、という人も大勢います。

1.筋肉の問題からくる腰痛

骨や軟骨に問題がなく、筋肉や靭帯などが問題で起きる腰痛。筋肉疲労や、筋肉を傷めたり、関節の歪みから起こる腰痛。

2.軟骨の問題からくる腰痛

腰の骨の間にあるクッションである軟骨(=椎間板)が傷んだり変形して神経を圧迫して起こる腰痛。

3.骨の問題からくる腰痛

骨が変形してしまっている為に起こる腰痛。

4.急性の腰痛(=ギックリ腰)

中腰で物を持ちあげようとしたり、急に腰を捻るなどの不用意な動作を きっかけに起きる腰痛。
(元々の原因としては1の場合が考えられます)

5.足やお尻の痛み・痺れ

原因は1~3それぞれの場合が考えられます。臀部や脚につながる神経や血管が何らかの原因で圧迫されたり絞めつけられた為に、お尻から太もも~ふくらはぎなど、足に痛みや痺れが出ます。神経圧迫や、梨状筋というお尻の筋肉で挟まれたりすることによって起きます(稀に腫瘍などによる場合もあります)。

いずれも根本には、背骨の自然なS字カーブが、姿勢の悪さや生活習慣などにより歪む事から、痛みや障害を引き起こすことが考えられます。

なぜ腰痛になってしまうのか?

人間は骨格が縦に上手く並んでいれば、骨格に体重を乗せて楽に身体を支えることができます。

しかし、姿勢が悪く骨格が歪んで身体が傾いていると、骨格で上手く体重を支えられない為、筋肉などを緊張させて身体を支えることになり、筋肉や靭帯、椎間板などに負担をかける事になります。

その負担が長年積み重なると、痛みや痺れなどの障害を生み出してしまうのです。

薬で痛みを抑えたり炎症がおさまって痛みが和らいだとしても、根本的な骨格の歪み・姿勢の問題を解決しなければ再発を繰り返す事もあります。

根本的に改善するには?

腰痛を根本的に改善したいなら、歪みや姿勢の問題を改善することが必要です。
骨格のバランスが良くなると、主に骨で体重を支えられるようになります。

すると、

  • 筋肉や関節に負担がかからなくなる。
  • したがって、腰の“痛み”の原因が減る。
  • その他の関節などの痛みも出にくくなる。そして、腰痛が改善できる状態になっていくのです。
    また、全体としてコンディションがよくなるので、 症状の軽快の他にも、
  • 余計な身体の緊張がとれて疲れにくくなった。
  • よく眠れるようになった。
  • 身体のバランスが良くなって動きやすくなった。

などの体調の変化を実感される方が多いのです。

また、日常生活の負荷を減らすことも大切です。
腰に負担のかからない立ち方・座り方を合わせて指導しています。

ギックリ腰

ギックリ腰は『急性腰痛』『椎間捻挫』とも呼ばれ、いきなりグキっという衝撃と共に、腰が強烈な激痛に襲われるものです。

ギックリ腰と呼ばれるものは、検査をしても椎間板や骨格組織にも異常が認められませんし、神経痛も発症しません。ぎっくり腰になる原因の多くは3つ挙げられます。

【 ギックリ腰になる3つの原因 】

①筋肉疲労
ギックリ腰は突然起こりますが、症状としていきなり表れるだけで、ゆっくりとその原因となるものは進行しています。

中腰で荷物を持上げようとした瞬間に激痛が走ったり、よろめいてちょっと片足を勢いよくついてしまった瞬間などにぎっくり腰になりやすいですが、日常の中で同じ動作をしても平気だったのに、ある瞬間にギックリ腰になってしまいます。

これは、少しずつ溜め込んだ筋肉疲労が、あるとき負荷の許容量を超えてしまい、腰痛として発症してしまったと言えます。

日常生活を送る中で、筋肉疲労は必ず起こります。

それを回復するメカニズムを持ち合わせていますが、睡眠不足や栄養バランスが取れていなかったり、座りっぱなしの仕事を続けるなどしていると、筋肉疲労が回復することなく徐々に蓄積されていき、やがて腰痛を招いてしまうことになります。

②骨格の歪み
ギックリ腰になる原因の1つに、骨格の歪みもあげることができます。私たちの日常を振り返ってみると、立ちっぱなしの仕事や座りっぱなしの仕事に就いていると、長時間、限られた姿勢でいる事が多いでしょう。

こうすることで、身体の柔軟性が失われていき、同じ骨格や筋肉だけを使うことになってしまいます。

使われている筋肉には負荷がかかり、筋力のアンバランスを生み出し、骨格の歪みを招いてしまう事があります。

歪んだ骨格は左右のアンバランスを生み出し、その周囲の筋肉への負荷に変わります。身体のバランスをとろうとする代わりの筋肉にも徐々に筋肉疲労が蓄積され、やがて腰痛につながります。

③いきなりの高負荷
若い人やスポーツ選手に多いギックリ腰の原因の1つで、高いところから飛び降りた着地の瞬間や、勢いよく振り返った瞬間、横になっていて勢いよく起き上がった時など、止まっている状態からいきなり動いた時や、動きの急激な切り替えの時に、腰にいきなりの高負荷がかかり、ぎっくり腰を起こしてしまいます。

腰痛治療   コラム

治療の流れ

受付
受付
初診時は保険証をお持ちなり、受付にて問診票と当院の説明の入った資料をお渡しいたします。閲覧いただきましたら必要な箇所にご記入いただいてお待ちください。記入しきれなくても問診時にご相談いただいても結構です。
問診
問診
お名前をお呼びしましてから、問診をはじめます。先生が問診表をもとに自覚症状や発症状況、痛みやだるさをおうかがいします。気になる事があれば、何でもお話してください。色々な整形学的検査と確かな経験のもとに原因を探ります。
診察・治療説明
診察・治療説明
痛みやだるさのある箇所を詳しく診察いたします。痛みがでる体勢や関節の可動域などを確認し、患部の状態や原因を確認いたします。原因は千差万別ですので診察中でもお気軽にお伝えいただくことにより、根本的な治療が可能となります。
治療
治療
症状と治療の説明をご理解いただいた上で施術をおこないます。痛みの多くは筋肉のバランスが崩れることや背骨や骨盤などが歪むことにより発生します。力を抜いてリラックスしていただき、筋肉の緊張をほぐしていきます。患者様にあった必要な治療をおこないますのでご安心ください。
術後の確認・説明
術後の確認・説明
施術後の痛みや動きを確認し、日常生活で気を付けて頂きたいことや筋トレの方法やストレッチのやり方などを説明し、次回の治療の説明をします。

 

施術料金

保険診療

各種健康保険が使えます。

お越しの際には保険証をご持参ください。

保険診療は症状により異なりますが下記の料金が目安となります。

初診

3割 2割 1割
保険の割合に
よります
~1,200円 ~800円 ~600円

2回目

3割 2割 1割
保険の割合に
よります
~570円 ~380円 ~180円

3回目~

3割 2割 1割
保険の割合に
よります
~480円 ~320円 ~180円

矯正治療(自由診療)

患者様によって治療内容は変わります。

診察で金額と効果をしっかりご説明いたします。

初回 2,160円~
2回目~ 1,080円~

延長マッサージ (自由診療)

5分単位で何分でも延長することができます。

5分  540円
10分 1,080円
20分 2,160円

アクセス

大原接骨院

小田急江ノ島線
南林間駅西口より徒歩1分
スーパータイガ前
神奈川県大和市南林間1-10-19
TEL.046-273-3307
>>駅からの道のり(動画)